今の僕から、フリーランスを始める5年前の僕へ言っておきたいこと

5年前の僕、こんにちは。僕は、5年後の君だ。きっと今頃、十分な制作スキルを身につけ退職し、開業届を用意したりしているころだろう。

君のフリーランス活動は思いのほかうまくいっているから安心してほしい。君の今のスキルは一人で食っていけるに値する。また独立してからもインプットを続け、成長していくだろう。君はそれができるやつだ。

だが、惜しい。1点だけ、今からやっておいてほしいことがある。それは、

売れるコンテンツを作る

ことだ。

どうやら君は経営方針についてはほぼノープランで、受託だけでなんとか生きていこうとしているな。確かに受託は素晴らしい。信用があればクライアントから継続して仕事が与えられるし、スキルアップするほど時間単価が上がっていく。信用されていればクライアントは紹介で増える。スキルと信用さえ積めば、営業しなくても仕事が入ってくる。また、クライアントと深く寄り添い、お互いのビジネスを助け合う、そういった関係を築き上げる意味でも良い仕事だ。

だが、受託だけをずっと続けるのは実にしんどい。僕はなんやかんやで5年目になるが、もう大変だ。一人ではキャパオーバーなので他の人に手伝ってもらったりしているが、自分で活動できる時間には限界があるので、どれだけ売り上げが伸びても収入はたいして変わらず、むしろ消費税分だけ収入が減る、

それどころか、クライアントが一定を超えると増えるほどコミュニケーションコストが上がり、実際に作業する時間は減り、コスパが悪くなっていく。外注で回せばなんとかなると思うかもしれないが、残念ながら受託だけではそこまでうまくは回らない。発注相手にも稼いでもらわなきゃいけないから、自分の儲けはそんなにないんだ。ここで安い人に外注するなんて選択肢は、君にはない。あまり出来がよくないものを納品すると信用は落ちるし、下手するとほぼ書き直しになって赤字になる。経験が浅い者に、自分と同じ納期で同じクオリティでやってくれとはとてもじゃないが頼めない。

そしてもう一つ、君が本当にほしいのは自由だ。そうだろう?だからフリーランスを目指した。

確かに会社員よりは自由だ。拘束時間が少なく、誰も見てないのでサボり放題だ。しかしそれは真の自由ではない。受託は結局、自分の時間を売っているのだ。クライアントの希望する実装を、クライアントの希望する期日までに仕上げなければいけないし、ちょっとした連絡だけでも、重なれば時間はどんどん奪われる。

長期間生き残っている中には受託をずっと続けている人もいるが、そういった人たちは大抵、仕事を手伝ってくれるパートナーやスタッフがいる。もしくは超人、あるいは変態だ。残念ながら君にはその要素は欠けている。

仕事がないよりはうまくいっているだろう、だが受託だけを続けていれば、いずれ限界が来る。覚えておいてほしい。

そこで大事なのが、仕事を与えられ時間を売る形態である受託とは別に、自分で作って自分で売れるコンテンツを生み出すことだ。

コンテンツは、売れるようになるまで膨大な時間と労力がかかるだろう。簡単なことではない。しかし、一度売れるようになると、短時間の作業でも収益が発生する。しかも、いつ作るか、どのように作るかは君の自由だ。

君のような怠惰なフリーランスが生きていくには、自分で作ったコンテンツを売ることが必須なんだ。

君は賢いから、1年後にはブログに目をつけるだろう。だがブログを始めたところで、売るものがなければ収益を得るのは難しい。ブログアフィリエイトは儲からないし、AdsenseもAmazonアソシエイトもたいした収益にならない。ブログで稼ぐためには、ブログをひたすら書き続けブログで生きるくらいの覚悟が必要なようだが、さすがにそこまでがんばるくらいなら受託をがんばったほうがいい

そして3年後、君は絵を描き始める。どうやらこれがハマったらしく、2年でそこそこの土台が出来上がる。なんと、君は元々絵が得意だったんだな。そう、自分の才能をビジネスに活かすことが大事なんだ。

何もとんでもない才能はなくていい。クラスの中では目立つくらいのレベルであれば、十分にビジネスに活かせる才能となる。よく考えれば君は子供のころからお絵描きや図工が好きで、絵画コンクールに入賞もした。高校時代、美術はいつも最高得点だった。これは立派に才能といっていい。

そして君は、受託をする中で勝手にWebマーケティングのスキルが身に付いている。マーケティングができて、人のビジネスの売り上げを上げることができるなら、当然、自分のコンテンツを自分で売れる。

これを活かさない手はない。もし君が今からそれに気付いて絵を描き始めれば、5年後にはきっと神絵師として絵を描くことでそこそこの収入を得られるようになっているはずだ。

さぁ、始めるんだ!今すぐ!俺に楽をさせてくれ!

あとがき

いかがだったでしょうか。今回は海外のゲームに出てくる手紙のような文面でお送りしました。

これは僕に限った話ではなく、自分でビジネスをやっていくには、時間を切り売りする受託だけでなく、「サービス」を売る、「コンテンツ」を売る、「空間」を売るといった、作っておけば収益が発生する売り物があったほうがいいということです。時間には限りがありますし、時間を売ると言うことは相手に主導権があるということです。

僕はフリーランス始めて1年くらいでそれに気づいたんですが、もっと早く気付いて準備を始めておけばよかったと思います。土台ができてからフリーランス始められたら最高でしたよね。

もし今からフリーランス始めようと思っているなら、今の自分の才能を活かして何か売れるものがないか、考えてみてください。なんなら会社員をしながら副業でやっていき、それが売れるようになったら独立するでもいいと思います。

それじゃ、バイバイ!

シェアしてください!

よかったらフォローしてね↓